第08回「えをかくかくかく」|アーサー・ビナードさん


映像記録で御覧ください。「ことば」は死者との対話から始まったーーしかし現在の私たちの言葉は「広告的」なものに成り果てていないだろうか? 自身が翻訳した画家エリック・カールの絵本『えを かく かく かく』(偕成社)を起点に、現代の言葉、アート、社会について縦横無尽に語っていただきました。



  

過去の投稿

第14回「フィールドの音を録る」|柳沢英輔さん

第01回「生きるための昆虫食」|野中健一さん

第06回「弱いロボット」|岡田美智男さん

第04回「フランシス・アリス」|吉崎和彦さん

第09回「金生山 明星輪寺」|冨田精運さん